滑舌練習を大公開
◎このような人におすすめの記事です!
  • とにかく滑舌をよくしたい
  • 苦手な発音が多い
  • 効果的な滑舌練習を知りたい

オンライン話し方教室【ボイスプロデュース】代表講師の福永です。

今回は、滑舌練習を大公開します。

まず、質問です。

「滑舌に自信はありますか?」

このように聞かれて、自信を持って「はい!」と言える人にはこの記事はお役に立てないかもしれません。

しかし、滑舌が悪い人にはこれ以上の滑舌練習の題材はない!と思ってもらえるはずです。

最後まで、全部練習してみてください!

目次

話し方トレーニング無料動画のご案内

滑舌をよくする方法は?

滑舌をよくするためには、なぜ滑舌が悪いのか、自分でしっかり判断する必要があります。

まずは、下記の言葉を大きな声で素早く言ってみましょう!

==========

かけきくけこかこ

させしすせそさそ

たてちつてとたと

なねにぬねのなの

はへひふへほはほ

まめみむめもまも

やえいゆえよやよ

られりるれろらろ

わえいうえをわを

がげぎぐげごがご

ざぜじずぜぞざぞ

だでぢづでどだど

ばべびぶべぼばぼ

ぱぺぴぷぺぽぱぽ

==========

いかがでしょうか?

言いにくかったり、詰まったりした発音はありましたか?

これから各行の滑舌練習の言葉や文章を紹介します。

苦手なところからトレーニングしてみてください。

ふくながふくなが

ポイントは「大きな声」で「ゆっくり」と発音することです!

早口言葉のように言ってしまうと、正しく発音できているかの判断ができません。

ゆっくり言えるようになったら、少しずつスピートを上げていきましょう。

カ行の滑舌練習

か行の滑舌トレーニング

カ行は「苦手と思っている人」は少ないですが、実は「できていない人」が多いんです。

滑舌が悪いと感じる人は、まずこの「カ行」をやってみれば、どれぐらいのレベルなのか分かるようになると思います。

カ行は歯切れのいい話し方には欠かせない発音ですので、念入りに練習してみて下さい!  

東京特許許可局局長とうきょうとっきょきょかきょくきょくちょう×3

「許可局」が「きょきゃきょく」にならないように注意しましょう。

きにくいくぎきにくいくぎ釘抜くぎぬきでくぎ

「く」が苦手な人が苦労する文章です。

高架橋橋脚こうかきょうきょうきゃく

カ行だけではなく、キャ行も入りますので、難易度が上がります。

洗濯機せんたくき×3

「せんたっき」にならないようにしましょう。

また、同じような言葉で、「水族館すいぞくかん」が「すいぞっかん」になりやすいです。

旅客機りょかっき旅客りょかく

「りょかっき」が「りょきゃっき」に、「りょかく」が「りょきゃく」になりやすいです。

菊栗菊栗きくくりきくくり三菊栗みきくくりわせて菊栗六菊栗きくくりむきくくり

「きくくり」の「き」がポイントです。

か行の発音を練習!滑舌を改善するトレーニング【音声付】

サ行の滑舌練習

さ行の滑舌トレーニング

滑舌が悪い人の中で、一番多く悩みを持っている発音が「サ行」です。

発音そのものが間違っているケースを多くあります。

特に多いのが、舌先が見えた状態で発音してしまい、子音が「s」ではなく、「th」になってしまう人です。

俗に言う舌足らずな話し方ですね。

ふくながふくなが

自信のない人は鏡の前で「さしすせそ」を言ってみて、「s」の時にしっかり上下の歯がくっついているか確認してみましょう。

舌足らずとは?原因と治し方を解説【滑舌をよくする方法】

◎ジャズ歌手かしゅ・シャンソン歌手かしゅ×3

「歌手」が「カス」になったり、「シャンソン」が「サンション」になりやすいです。

低所得者層ていしょとくしゃそう×3

「者層」が「しゃしょう」になりやすいです。

◎マサチューセッツ州貿易摩擦中しゅうぼうえきまさつちゅう

「マサチューセッツ州」が「マサチューセッツちゅう」にならないようにしましょう。

タ行も同時に練習できる文章です。

書写山しょしゃざん社僧正しゃそうじょう

「シャ行」の練習にもなる、代表的な早口言葉です。

サ行の滑舌を練習しよう【さ行の発音は舌の位置が最重要】

タ行の滑舌練習

た行の滑舌トレーニング

タ行もサ行と同じく、苦手な人がおおいのではないでしょうか?

原因は舌の使い方です。

舌の筋力が弱いと動きが鈍くなってしまいます。

また、厳密に言うとタ行は3つの発音に分かれますので、一つ一つ確認が必要です。

※「たてと」→「t」、「ち」→「」、「つ」→「ts

た行の滑舌を練習!「つ」の発音は正しくできていますか?

◎この竹垣たけがき竹立たけたてかけたのは、竹立たけたてたかったから、竹立たけたてかけたのです

「竹垣」が「たきがき」になったり、「竹立て」が「たてたて」にならないように注意です。

◎お茶立ちゃたちょ、茶立ちゃたちょ、ちゃっとちょ、茶立ちゃたちょ、青竹茶筅あおだけちゃせんで、おちゃちゃとちゃ

「チャ行」の練習にもなります。

第一著者だいいちちょしゃ第二著者だいにちょしゃ第三著者だいさんちょしゃ

「ちょしゃ」が「ちょちゃ」にならないようにしましょう。

ナ行の滑舌練習

な行の滑舌トレーニング

ナ行は鼻音といって、「n」の発音が入りますので、少し鼻にかかった音になります。

明るい声を出しやすい発音ですので、発声練習によく用いられます。

しかし、少し間違えると子供っぽい話し方になってしまうので、しっかり克服していきましょう。

きょうのなま鱈奈良だらならなま学鰹まながつお

「奈良なま学」のところを特にきれいに発音しましょう。

◎バナナのなぞはまだなぞなのだぞ

特に後半をゆっくり練習しましょう。

なんだ、なんだ、なだだな、なだだな、なだなどなのだな

最後の「なだなど」が「なだだど」にならないようにしましょう。

ナ行が苦手な人はこちらをご覧ください

ハ行の滑舌練習

は行の滑舌トレーニング

ハ行は他の発音よりも息を多く使いますので、正しく発声しないと、息がかった声になり聞き取りづらくなります。

コツとしては、子音よりもそれぞれの母音をハッキリ発音することです。

正しい発声ができているかのチェックにもなりますので、是非練習したい発音ですね。

ひとつへぎへぎに、へぎほしはじかみ

「へぎほし」が「へぎほじ」になりやすいです。

歯医者はいしゃはハハハ、保育士ほいくしはホホホと笑う

「ハハハ」の音がつながらないように、しっかり分けて発声しましょう。

夫婦ふうふ風船ふうせんをフーフーふくらます

「ふ」の音の時に、しっかりと口の形を「ウ」にすると言いやすくなります。

ハ行が苦手な人はこちらをご覧ください

マ行の滑舌練習

ま行の滑舌トレーニング

口を閉じてから発音するので、バ行やパ行に似ていますが、ナ行と同じ鼻音に分類されます。

唇を閉める力が弱いと上手く発音できませんので、そこを注意しましょう。

むぎごみむぎごみ、三麦みむぎごみ、わせてむぎごみ、六麦むむぎごみ

※「外郎売り」に出てくる言葉です

右目みぎめ右耳右耳みぎみみみぎみみ右目みぎめ×3

「みみ」がくっつかないように、ハッキリと発声しましょう。

すもももももものうち

「も」が連続するので、しっかり唇を使って発声しましょう。

マ行が苦手な人はこちらをご覧ください

ヤ行の滑舌練習

や行の滑舌トレーニング

ヤ行の子音は「y」で、母音の「い」を短くした半母音です。

そのため、「やいゆえよ」の中では「え」だけ仲間外れになります。

「やいゆえよ」を連続で練習する時は、「え」が「いぇ」にならないようにしましょう。

◎おあやおやにおあやまり、おあや八百屋やおやにおあやまりとお

「お謝り」が「おやあまり」にならないようにしましょう。

ヤ行が苦手な人はこちらをご覧ください

ラ行の滑舌練習

ら行の滑舌トレーニング

ラ行は苦手な人が多い発音です。

ラ行が滑らかに言えれば、周りから滑舌が良い人と思われるはずです。

◎のら如来にょらい、のら如来にょらいのら如来にょらいのら如来にょらい

「にょらい」が「のらい」や「にょりゃい」にならないようにしましょう。

◎アルミホイル・あぶりカルビ・やぶれかぶれ

「あぶり」が「あるび」にならないようにしましょう。

◎ラバーかロバかロバかラバーか×3

ラ行の滑舌を練習しよう!【ら行が言えない人は必見!】

ワ行の滑舌練習

わ行の滑舌トレーニング

ワ行の子音は「w」になりますので、しっかり唇を「う」の形にしてから発音しましょう。

「う」の形が弱いと、「わ」ではなく「あ」に聞こえてしまいます。

「私」が「あたし」になってしまう人がいるのも、これが原因です。

しっかりと唇を使っていきましょう。

小田原おだわらの、灰俵はいだわらの、さんだわらの、炭俵すみだわらのと

「わ」の時に唇をしっかり突き出すように意識しましょう。

◎ワンワンくワンちゃんはわんぱくぼう

唇をしっかり動かしましょう。

◎ワラワラわらえばワラワラわらひとがワイワイやってくる

ワ行が苦手な人はこちらをご覧ください

ガ行の滑舌練習

が行の滑舌トレーニング

ガ行には濁音と鼻濁音びだくおんの2つの種類があります。

言葉の1音目の時(学校、ご飯など)は濁音、途中にある時(メガネなど)は鼻濁音になることが多いです。

鼻をつまんでも音が変わらなければ濁音、音が変われば鼻濁音になります。

鼻濁音は近年言える人が少しずつ少なくなってきており、もともと西日本(特に九州など)出身の方はあまり強く使いません。

しかし、アナウンサーやナレーターなど声を仕事にする方々には必須のものになります。

鼻濁音の練習のやり方を音声付で解説します!【が行の発音】

雨合羽あまがっぱ番合羽ばんがっぱ

「ぱ」はリラックスして出しましょう。

午後ごご5時ごじ55分ごじゅうごふん

「お」の口の形をキープすると言いやすいです。

◎ぐいっとぐぐぐとゴクゴクがぶ

「ぐぐぐ」と連続すると詰まりやすいです。

ザ行の滑舌練習

ざ行の滑舌トレーニング

ザ行はサ行ができることが前提なので、うまくできない人はサ行から練習しましょう。

◎ザダゼデゾド×3

「ザザゼゼゾゾ」など、ダ行がザ行になりやすいです。

ぞうがゾロゾロいる姿すがた絶対ぜったいたいのでまず想像そうぞう

ザ行の滑舌を練習しよう【ざじずぜぞが言えない人は必見】

ダ行の滑舌練習

だ行の滑舌トレーニング

タ行に比べて、舌の当たる位置が少し後ろになり、当たる面積も広くなります。

「た・だ」を繰り返し発音し、確認してみましょう。

◎ダラデレドロ×3

※ダ行とラ行の舌の使い方の違いを感じましょう

◎ダダダダダーっとダッシュダッシュ

※舌の力を抜いて滑らかに動かしましょう

◎トリニダード・トバゴ×3

※「トバゴ」が「トバコ」にならないようにしましょう

ダ行の滑舌トレーニング!【だぢづでどの正しい発音を練習】

バ行の滑舌練習

ば行の滑舌トレーニング

バ行は唇をしっかり閉じてから、呼気圧(吐く息の力)を高めてから一気に息を出すことで良い音になります。

唇の力が弱ければ不発に終わってしまいますので注意しましょう。

武具馬具ぶぐばぐ、ぶぐばく、ぶぐばぐ、わせて武具馬具ぶぐばぐぶぐばぐ

唇をしっかりと弾いて音を出しましょう。

盆豆ぼんまめ盆米ぼんごめぼんごぼう

「ぼん」が「ごん」になりやすいです。

◎ブタがブタをぶってブヒブヒ爆笑ばくしょう

「ブヒブヒ」のように、息を多く使うバ行とハ行の組み合わせはいい練習になるはずです。

バ行が苦手な方はこちらをご覧ください

パ行の滑舌練習

ぱ行の滑舌トレーニング

バ行と同じようにしっかり唇を閉じてから発音しましょう。

「ぱぴぷぺぽ」で練習する時は、「ぷ」と「ぽ」の時に唇をしっかり突き出す感覚でやると、全体が滑らかになります。

◎たあぷぽぽ、たあぷぽぽ、ちりからちりから、つったっぽ、たっぽたっぽ一丁いっちょうだこ

「ぷぽぽ」をそれぞれしっかり分けて発音しましょう。

◎カエルぴょこぴょこ、ぴょこぴょこ、わせてぴょこぴょこ、ぴょこぴょこ

力が入りすぎると「ぴょこ」が言えなくなります。

◎パリプレポロ×3

パ行が苦手な人はこちらをご覧ください

まとめ

最後に有名な「五十音」をご紹介します。

「あめんぼのうた」とも、よく言われています。

50音をバランスよく練習できるので、演劇などの発声練習で使われます。

ポイントは大きな声でゆっくり抑揚をつけることです。

私もやってみましたので、参考にしてみてください

五十音(あめんぼのうた)

あめんぼあかいな あいうえお うきもにこえびもおよいでる (水馬赤いな あいうえお 浮藻に小蝦も泳いでる)

かきのきくりのき かきくけこ きつつきこつこつかれけやき(柿の木栗の木 かきくけこ 啄木鳥こつこつ枯れ欅)

ささげにすをかけ さしすせそ そのうおあさせでさしました(大角豆に酢をかけ さしすせそ その魚浅瀬で刺しました)

たちましょらっぱで たちつてと とてとてたったととびたった(立ちましょ喇叭で たちつてと トテトテタッタと飛び立った)

なめくじのろのろ なにぬねの なんどにぬめってなにねばる(蛞蝓のろのろ なにぬねの 納戸にぬめってなにねばる)

はとぽっぽほろほろ はひふへほ ひなたのおへやにゃふえをふく(鳩ポッポほろほろ はひふへほ  日向のお部屋にゃ笛を吹く)

まいまいねじまき まみむめも うめのみおちてもみもしまい(蝸牛ネジ巻 まみむめも 梅の実落ちても見もしまい)

やきぐりゆでぐり やいゆえよ やまだにひのつくよいのいえ(焼栗ゆで栗 やいゆえよ 山田に灯のつくよいの家)

らいちょうさむかろ らりるれろ れんげがさいたらるりのとり(雷鳥寒かろ らりるれろ 蓮花が咲いたら瑠璃の鳥)

わいわいわっしょい わゐうゑを うえきやいどがえおまつりだ(わいわいわっしょい わゐうゑを 植木屋井戸換へお祭りだ)

発音ページの一覧

話し方トレーニング無料動画のご案内 オンライン話し方教室体験レッスン

Pocket

The following two tabs change content below.
2014年にオンライン専門の話し方教室を設立。ボイストレーナーとして、10年以上のキャリアを持つ。