が行の発音を練習!【鼻濁音の出し方もトレーニング!】

滑舌トレーニング/が行

こんにちは!

オンライン話し方教室「ボイスプロデュース」代表講師の福永智樹です。

今回はが行の滑舌練習をしていきましょう。

 

話し方教室の詳細

 

 

が行の発音について

「が行」には実は2種類の発音があり、濁音と鼻濁音という名前です。

濁音の方は息を破裂させて出す音で、強いイメージになります。

名詞の始めに位置していて、鼻をつまんでも出る音です。

※学校、銀行、愚痴、玄米、ご飯など。

 

もう一つの鼻濁音は、鼻腔に音を響かせる音で、柔らかくなめらかなイメージです。鼻をつまむと音は出ません。

※ハガキ、漫画、「〜がー」の文章など

 

破裂音と鼻濁音が組み合わさった言葉にとしては、「午後(ごご)」などがあります。

1音目が破裂音、2音目が鼻濁音になります。

ゆっくり発音し、確認してみましょう。

 

鼻濁音の出し方

日頃から是非練習をしてほしいと思いますので、やり方をお伝えしますね。

まず「ん〜」でしっかり伸ばしてから「が〜」とつなげてみてください。

鼻から音が抜ける感覚をつかめると思います。

 

その後、「ん〜が〜」の「ん」と「が」の間をどんどん短くし、「んが」にしていきましょう。

これを他の「ぎぐげご」でも同様に繰り返していきます。

 

が行の滑舌練習

◎画面にメガネががっつり映ってがっかり
◎ぐいーっとぐぐっとガブ飲み
◎五頭のゴリラがすごくご立腹

 

 

まとめ

実は破裂音よりも鼻濁音の方が難易度が高く、近年上手く使えない人が増えてきているようです。

しかし鼻濁音は日本語を美しく話すために必要不可欠なものです。

 

子供の頃からこの訓練ができていれば、とても良い発音ができる人に育ちます。

お子さんがいる方は、まずはご自分ができるように練習してから、伝えていきましょう。必ず改善していくと思います。

 

話し方教室の詳細

 

他行の発音ページ

Pocket

The following two tabs change content below.
オンライン話し方教室【ボイスプロデュース】代表講師。 アメリカ留学にて本格的なボイストレーニングを習得。発声・滑舌・話し方のトレーニングを個人レッスン(Skype)にて提供中。レッスン受講生は全国・海外に多数。https://www.voice-produce.com/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

Skypeで話し方トレーニング

このページの先頭へ