滑舌トレーニング【た行の発音を練習しよう!】

こんにちは!

オンライン話し方教室「ボイスプロデュース」代表講師の福永智樹です。

今回はた行の滑舌トレーニングをしていきましょう。

 

滑舌改善プログラム外郎売

 

た行の発音の仕組み

まず「た行」の発音は①「タ テ ト(t)」と②「チ(chi) ツ(tsu)」の大きく二つに分けられます。

日本語の「た行」には、「タ  ティ  トゥ  テ  ト」と「ツァ  チ  ツ  ツェ  ツォ」が混ざっているので、少しややこしく感じるかもしれません。

 

①は舌を上歯茎の裏側につけ、息を止め、舌を勢いよく離して息を出して破裂した音です。「た行」が苦手な人は、舌を押し付けておく力が弱い傾向にあります。

また、「チ」が「キ」のように聞こえてしまう人もいます。その時は舌が当たる位置が奥になっている可能性が高いので、正しい位置にして繰り返し練習してみましょう。

②は「s」を入れる感覚でやるといいです。苦手な人は舌が口の外に出そうになっているかもしれません。その場合はしっかり歯を閉じ、舌が上の歯茎から離れると同時に歯も開けましょう。

 

「た行」に関しては完璧にできている人が少ないので、できていると思っている方も、下記の文章で確認してみることをオススメします。

た行の滑舌練習

◎太鼓をタンタントントン叩いて登場

◎地中深くを注意深く血眼になってチェック

◎つくしを突っつく筒井くん

 

話し方教室の詳細

 

他行の発音ページ

Pocket

The following two tabs change content below.
オンライン話し方教室【ボイスプロデュース】代表講師。 アメリカ留学にて本格的なボイストレーニングを習得。発声・滑舌・話し方のトレーニングを個人レッスン(Skype)にて提供中。レッスン受講生は全国・海外に多数。https://www.voice-produce.com/