滑舌トレーニング【だ行の発音を練習しよう!】

こんにちは!

オンライン話し方教室「ボイスプロデュース」代表講師の福永智樹です。

今回はだ行の滑舌トレーニングをしていきましょう。

 

話し方教室の詳細

 

 

だ行の発音の仕組み

「さ行」と「ざ行」の違いと同じように、子音が無声音か有声音かという違いになります。

た行(t)→無声音

だ行(d)→有声音

 

のどに手をあて、小さい声でゆっくりと「た」と「だ」とそれぞれ言ってみましょう。「た」の場合、母音の「あ」が出るまでは、のどに振動を感じないはずです。しかし「だ」の場合、母音の「あ」が出る前に振動を感じます。

「振動がある=有声音」と覚えておきましょう。

 

舌の位置について

「だ行」は「た行」と同じく、舌を使います。

しかし厳密に言うと、「だ行」は「た行」よりも、口の中で舌の当たる場所が、ほんの少しだけ後ろになり、当たる面積も広くなります。

ゆっくりと、「た・だ」「た・だ」と、繰り返して、舌の位置を確認してみましょう。

 

「ぢ」と「づ」について

「ぢ・づ」に関しては「ざ行」の「じ・ず」と同じ音(z)で大丈夫です。言葉によって表記が異なるので混乱しやすいですね。。。

  

だ行の滑舌練習

◎ダダダダダ~とダッシュダッシュ

◎ドドドドド~ドレッシング

◎ダデドなんだけど

 

これらをひたすら繰り返していきましょう。

それぞれ深い意味はないので、あまり考えずやってみてください。

 

話し方教室の詳細

 

他行の発音ページ

Pocket

The following two tabs change content below.
オンライン話し方教室【ボイスプロデュース】代表講師。 アメリカ留学にて本格的なボイストレーニングを習得。発声・滑舌・話し方のトレーニングを個人レッスン(Skype)にて提供中。レッスン受講生は全国・海外に多数。https://www.voice-produce.com/