滑舌トレーニング【ば行の発音を練習しよう!】

こんにちは!

オンライン話し方教室「ボイスプロデュース」代表講師の福永智樹です。

今回はば行の滑舌トレーニングをしていきましょう。

 

 

話し方教室の詳細

 

ば行の発音の仕組み

「ば行」の子音は「b」の音で、唇を閉じて呼気圧を高めてから、一気に息を出すことで作られます。この唇を閉じる力が十分でないと、呼気圧(息の力)が足りずに、きれいな音になりません。

 

そして、母音の時の口の形がハッキリしなければ、「バビブベボ」が「バババババ」に近い音になってしまうので、しっかりと意識して滑舌改善していきましょう。

 

ば行の他にも唇を閉じて発音する音として、「ま行」と「ぱ行」があります。唇を閉じる力が弱い人は、この3つの行の音が苦手な傾向がありますので、同じように練習してみましょう。

※「ま行」は鼻音なので、厳密に言うと発音の仕組みは異なります。鼻をつまんで言った時に音が変わるかどうかで、発音の仕組みの違いを感じることができますので、確認してみましょう。

 

 

ば行の滑舌練習

◎バイト先にババーンと登場する馬場さん

◎豚が豚をぶってブヒブヒ爆笑

◎ボーッとした少年はボーリングのボールを傍観中(ぼうかんちゅう)

 

話し方教室の詳細

 

他行の発音ページ

Pocket

The following two tabs change content below.
オンライン話し方教室【ボイスプロデュース】代表講師。 アメリカ留学にて本格的なボイストレーニングを習得。発声・滑舌・話し方のトレーニングを個人レッスン(Skype)にて提供中。レッスン受講生は全国・海外に多数。https://www.voice-produce.com/