滑舌トレーニング【ざ行の発音を練習しよう!】

こんにちは!

オンライン話し方教室「ボイスプロデュース」代表講師の福永智樹です。

 

今回はざ行の滑舌トレーニングをしていきましょう。

 

「ざ行」は日本語の中では特に難しい行になります。

この「ざ行」をマスターするには「さ行」ができることが必須になりますので、「さ行」に自信がない方は「さ行の発音」をご覧ください。

 

 

話し方教室の詳細

 

ざ行の発音の仕組み

さて、まずは「さ行」と「ざ行」の違いにから説明していきます。

舌の位置はどちらも同じで、上の前歯の裏の歯茎に近づけて、隙間に息が流れればOKです。

一つの違ってくることがあります。

それは、子音が「無声音」なのか「有声音」なのかということです。

さ行の「s」は無声音、ざ行の「z」は有声音です。

 

これらの違いは、声帯が閉じているかどうかということです。

声帯が開いた状態だと、声帯は振動しません。これが無声音です。

そして声帯が閉じた状態だと、声帯が振動して音が発生します。これが有声音です。

試しに「s」の音を伸ばしながら、喉を手で触って下さい。何も振動はありませんよね?

 

次に有声音である「あ」を伸ばしながら、喉を触ってみて下さい。振動がありますよね?これが有声音です。※母音は有声音

なので「s」の音を出すには、喉を振動させながら「s」の音を出せばいいんですね。

それができるようになったら、「z」に母音をつけて、「ザジズゼゾ」と一つずつ練習していきましょう。

 

ざ行の滑舌練習

◎ザーザー降りの地面をザリガニ全力疾走

◎ずっとズルして雑巾がけ

◎ゾウがゾロゾロといる姿を絶対見たいので想像

 

話し方教室の詳細

 

他行の発音ページ

Pocket

The following two tabs change content below.
オンライン話し方教室【ボイスプロデュース】代表講師。 アメリカ留学にて本格的なボイストレーニングを習得。発声・滑舌・話し方のトレーニングを個人レッスン(Skype)にて提供中。レッスン受講生は全国・海外に多数。https://www.voice-produce.com/