滑舌トレーニング【さ行の発音を練習しよう!】

滑舌トレーニング/さ行

こんにちは!

オンライン話し方教室「ボイスプロデュース」代表講師の福永智樹です。

今回はさ行の滑舌トレーニングをしていきましょう。

 

話し方教室の詳細

 

 

さ行の発音の仕組み

さ行が言えない人にはいくつかの原因があります。まずは発音の仕組みから学んでいきましょう。

 

「さ行」の中でも音は2種類あります。

サ、ス、セ、ソ→「s」
シ→「sh」

このように、「シ」だけは他と音が違うんですね。本来は「シャ、シ、シュ、シェ、ショ」の仲間です。

 

「s」は舌先を上の前歯の裏側の歯茎に近づけて、その隙間に息を流すことで音を作ります。

「sh」は「s」よりも舌の位置が少し後ろになり、より多くの息を流すことで音を作ります。

しかし、「s」の音を出しているつもりでも、息が多すぎると「sh」に聞こえてしまいますので、息漏れには注意しましょう。

※九州弁で特に多いのが、「せ」が「しぇ」になってしまう人です。
年配の方々に多いので、卒業式の時の来賓の方のご挨拶で、「先生方には〜」が「しぇんしぇいがたには〜」となっている人が多かったです。

 

発音そのものが間違っているかも!?

舌の位置が前に出すぎることで、「s」が「th」になってしまう人も多いです。俗に言う舌足らずな話し方ですね。

この話し方は子供に多く見られるので、大人になっても直らない方は幼く感じられたり、威厳がないように見られるので、早いうちに直した方がいいです。

 

イメージしてみて下さい。

かなり仕事ができる優秀な人が、この話し方だと少しもったいないですよね。説得力に欠ける場合もあります。

 

改善方法としては正しい舌の位置にすることなので、まずは「さ行」を発音するときに、歯を閉じて舌が前に出ないように癖付けるのがいいと思います。

 

もしくは、「s」をしっかり伸ばしてから母音を発音する方法もあります。
※「s〜さー」のようなイメージです。しっかり歯を閉じて、ボールの空気が抜けるような音を出しましょう。

 

まとめ

滑舌は習慣です。習慣を変えるためには新しい習慣を作るしかありません。そのためには、最低2週間は根気強く練習していきましょう。

最後にさ行の滑舌練習をいくつかご紹介しますので、練習にお役立てください。

◎酒三杯、シャンパン三杯、最後に酢を三杯
◎静かにスーっと手術室を退出
◎洗濯機、洗浄機はすぐに最新スタイル出現 

 

話し方教室の詳細

 

他行の発音ページ

Pocket

The following two tabs change content below.
オンライン話し方教室【ボイスプロデュース】代表講師。 アメリカ留学にて本格的なボイストレーニングを習得。発声・滑舌・話し方のトレーニングを個人レッスン(Skype)にて提供中。レッスン受講生は全国・海外に多数。https://www.voice-produce.com/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

Skypeで話し方トレーニング

このページの先頭へ