滑舌トレーニング【か行の発音を練習しよう!】

滑舌トレーニング/か行

こんにちは!

オンライン話し方教室「ボイスプロデュース」代表講師の福永智樹です。

今回はか行の滑舌トレーニングをしていきましょう。

 

話し方教室の詳細

 

「か行」が苦手だと自覚している人は少ないのではないでしょうか。

しかし、ほとんどの方はきれいな発音ができていません。

よって、「か行」がきれいに発音できている人は、他の行の発音のクオリティーもかなり高いと言えます。

 

 

か行の発音の仕組み

か行の子音は「k」です。舌の奥を上げて軟口蓋(喉ちんこの手前の柔らかい所)につけ、息を一瞬止めてからそのあとに勢いよく出すと「k」の音になります。

なかなかイメージできない場合は「うがい」を思い出しましょう。その時の舌の位置は「k」と同じものになります。

 

 

か行をきれいに発音するポイント

やはり舌の使い方にポイントがあります。

先ほど言ったように、舌の奥が軟口蓋(口の中の上の部分)に当たり、息が出ないようにする必要がありますが、その時に呼気圧(息を出す力)を高めなくてはいけません。

この呼気圧を高める作業が不十分だと、正しく発音できてません。

 

たとえば洗濯機。 正しくは「せんたくき」ですが、呼気圧が弱いと「せんたっき」になってしまいます。

 

 

か行の滑舌練習

①呼気圧を高める練習として、「ん〜かー」のように、「k」をゆっくり大げさにやってみましょう。

そうすれば、舌が強く軟口蓋に当たり、呼気圧が高くなる状態が分かり、コツをつかみやすくなります。

 

②慣れてきたら、「かかかかか」「ききききき」「くくくくく」「けけけけけ」「こここここ」と、大きな声で練習しましょう。真ん中の3番目の音が弱くなりやすいので、すべての音を均等にはっきりと出すように意識しましょう。

まとめ

か行がきれいに発音できるようになれば、舌の力が強くなりますので、他の滑舌も改善していきます。

他にも練習課題を記載しますので、楽しみながら滑舌トレーニングをしてみてはいかがでしょうか。

 

◎かきくけこ、コケコッコー×3

◎かかとがひっかかる×3

◎高架橋橋脚(こうかきょうきょうきゃく)×3

 

話し方教室の詳細

 

他行の発音ページ

Pocket

The following two tabs change content below.
オンライン話し方教室【ボイスプロデュース】代表講師。 アメリカ留学にて本格的なボイストレーニングを習得。発声・滑舌・話し方のトレーニングを個人レッスン(Skype)にて提供中。レッスン受講生は全国・海外に多数。https://www.voice-produce.com/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

Skypeで話し方トレーニング

このページの先頭へ