滑舌トレーニング【ぱ行の発音を練習しよう!】

 滑舌トレーニング/ぱ行

こんにちは!

オンライン話し方教室「ボイスプロデュース」代表講師の福永智樹です。

今回はぱ行の滑舌トレーニングをしましょう。

 

話し方教室の詳細

 

ぱ行の発音の仕組み

「ぱ行」の子音は「p」の音です。「ば行」の「b」との違いは、無声音か有声音の違いです。

「ば行」の「b」は有声音、「ぱ行」の「p」は無声音となります。

 ※有声音と無声音の違いは、のどに振動があるかどうかで決まります。のどに振動があるのが有声音、ないのが無声音です。声帯が閉じて音が発声すると有声音になります。

 

コツは「ば行」と同じように、しっかりと唇を閉じること、母音の口の形をハッキリさせることです。

ちなみに、「ぱ行」は「ば行」に比べて少し音ができるスピードが速い傾向にあります。「ば行」と併せて練習してみて下さい。

 

 

ぱ行の滑舌練習

◎パパはパパッとパン屋へ行った

◎ピンクのピアノが見つからずピリピリ

◎ぺーぺーのサッカー選手がPKを外しペナルティ

 

話し方教室の詳細

 

他行の発音ページ

Pocket

The following two tabs change content below.
オンライン話し方教室【ボイスプロデュース】代表講師。 アメリカ留学にて本格的なボイストレーニングを習得。発声・滑舌・話し方のトレーニングを個人レッスン(Skype)にて提供中。レッスン受講生は全国・海外に多数。https://www.voice-produce.com/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

Skypeで話し方トレーニング

このページの先頭へ