声帯を鍛えるのは不可能!?声帯を動かす筋肉を鍛えよう!

声帯を鍛えるのは不可能!?声帯を動かす筋肉を鍛えよう!

こんにちは!

オンライン話し方教室「ボイスプロデュース」代表講師の福永智樹です。

 

レッスン受講生から、「声帯を鍛えたい!」と言われることがよくあります。そうすることでもっと良い声になると思っているのでしょう。

しかし、私はいつも、声帯を鍛えることは不可能です。」と答えます。

 

それはなぜだと思いますか?

今回は誰もが持っている「声帯」についてお話をしていきます。

 

 

話し方教室の詳細

 

声帯の形と動き

声帯

声帯は喉の中に左右2つあり、呼吸をしている時は開いていてVサインの形になっています。

声が出ている時は、左右の声帯が閉じて、そこに息が当たることで振動が生まれています。

 

声帯は筋肉ではない

そもそも声帯は筋肉ではなく粘膜のヒダです。そのため、声帯そのものを鍛えることはできません。

正確には声帯を動かす筋肉を鍛えると言ったほうがいいでしょう。

具体的には2つの筋肉があります。

 

1つは閉鎖筋(へいさきん)。これは声帯を閉じる時に使われる筋肉で、地声を出す時に使われます。

これを鍛えることで、息漏れが少なくなり、はっきりと安定した声を出せるようになります。

普段話す時には低音域と中音域を多く使いますので、とても重要です。

 

もう1つは声帯の下側にある輪状甲状筋(りんじょうこうじょうきん)。喉を開く時に使われる筋肉で、裏声を出す時に使われます。

そのため輪状甲状筋を鍛えることで、中音域から高音域を強化できます。

ゆっくり「お」「い」と繰り返すと、男性だと喉仏が動きますので、分かりやすいかと思います。

 

閉鎖筋と輪状甲状筋をそれぞれ鍛えることこそが、声帯を鍛えたいと思う人への答えだと言えます。

 

 

閉鎖筋を鍛えてみよう

長く話していると喉が枯れたり、声そのものにカスカスした音が混じってしまうことはありませんか?

また、息漏れが多いと大きくはっきりとした声を出せないので、弱々しい声になってしまいます。

声帯を閉じる筋肉を鍛えることで、息漏れが改善されて、芯のあるはっきりとした声を出せるようになります。

 

エッジボイスにチャレンジ

「あ」の口をしたまま息を吐き、少しずつ声を出していくと、「あ゛」という音が出ます。これがエッジボイスです。

これを一定に長く続けていきましょう。あまり力を入れると喉を痛める事もありますので、リラックスした状態で行いましょう。

 

そして慣れてきたら、「あ゛」から「あ」につなげていきます。

※エッジボイスの練習の仕方

 

輪状甲状筋を鍛えてみよう

輪状甲状筋を鍛える事で、高めの声が安定しますので、普段声が低かったり暗かったりする人にはとても向いています。

 

①裏声トレーニング

フクロウがウィンク

裏声を出すことで輪状甲状筋を鍛えることができます。

裏声で「ホー、ホー」とフクロウのように繰り返してみましょう。その時に喉仏が下がる(あごの下が膨らむ)ことを確認しながら行いましょう。

※喉に力を入れずリラックスして行いましょう。

※力が入ってしまう人は、小さな裏声でかまいません。

※裏声の練習ではありますが、輪状甲状筋が鍛えられれば話している時の地声にも良い影響がありますので、ぜひやってみてください。

 

②声を出さずにトレーニング

まずは感覚をつかむために声を出してやってみましょう。

・「お」を低い声で発声する→喉仏が下がる

・「い」を高い声で発声する→喉仏が上がる

 

次は実際には声を出さず、息だけを流しながら同じようにやってみてください。

喉仏の上下の動きを確認できますか?

 

この動きをサポートしているのが輪状甲状筋ですので、これを繰り返すことで鍛えることができます。

 

 

筋肉トレーニングだけでは声はよくならない

これまで声帯を動かす筋肉である、閉鎖筋と輪状甲状筋のトレーニングをご紹介しました。

しかし、これだけやっていても発声トレーニングとしては不十分です。

ここからは発声の仕組みから説明していきます。

 

正しい発声の仕組み

簡単に言うと、以下のような流れで人は声を出しています。

 

①息を吸う

②息を吐いて声帯にあてる

③声帯が震えて振動が生まれる

④振動が共鳴腔に響く

⑤口・歯・舌を使って発音する

 

これまでは③の「声帯が震えて振動が生まれる」の所の強化についてお話していたということです。

 

腹式呼吸のトレーニングが必要になる

腹式呼吸のトレーニング方法

詳しくは下記のページを参考にしてほしいのですが、正しい発声法には正しい呼吸法が不可欠です。

いくら声帯を動かす筋肉を鍛えたとしても、呼吸が安定していなければ、きれいに声帯振動ができなかったり、共鳴腔に音が響かなかったりします。

良い声を出すためには一番はじめにこの腹式呼吸にチャレンジしましょう。

 

腹式呼吸に腹筋は逆効果!正しいやり方と効果的なトレーニング

 

共鳴腔に音を響かせる

アコースティックギター

声帯振動によってできた音が身体の中の共鳴腔に響くことで、声ができます。

アコースティックギターをイメージすると分かりやすいです。

 

弦→声帯、指→息、木のボディ→共鳴腔

 

アコースティックギターは弦を弾いて音を木のボディに響かせることで、音を増幅させたり、良い音色を作ったりしています。

人間も同じで、いかに共鳴腔に声帯振動の音を響かすことができるかによって、声の質が変わるということです。

 

大きく分けると主に3つの共鳴腔があります。

共鳴腔

①咽頭(いんとう)

喉に手をあてて、「あ〜」と言ってみましょう。手に振動を感じませんか?

声帯がある位置なので、声を出すと必ず咽頭が響きます。

よく、「喉から声を出すな」と言われますが、それは不可能です。正しくは「喉だけを響かせて声を出すな」ということになります。

 

②口腔(こうくう)

簡単に言うと口の中です。口を閉じて、「m」の発音でハミングしてみましょう。

その時に口の中が響くのが分かるはずです。

※分からなかったら、「ま〜み〜む〜め〜も〜」をゆっくり言ってみましょう。

 

③鼻腔(びくう)

鼻の奥に広がっています。咽頭や口腔に比べて声帯から遠いため、ここに音があまり響かない人がいます。

そうなると声が小さくなったり、暗くなったりと、良いことがありません。

鼻腔にしっかりと音が響くことで、声量を増したり、明るい音質になったりしますので、印象の良い話し方には必須になります。

 

口を閉じて、「n」の発音でハミングしてみましょう。

※難しい場合は鼻歌をしてみると分かりやすいです。

 

鼻腔を響かせるかんたんなトレーニングをご紹介します。

「ん〜な〜」を繰り返す。これだけでいいです。

ポイントは「な〜」の時に口を縦に開けること、「ん〜」よりも「な〜」を明るく大きく出すことです。

 

〜発声トレーニングの参考ページ〜

大きな声の出し方のコツ12選【小さな声を改善しよう】

 

 

まとめ

いろいろとお話ししてきましたが、下記のことをしっかり覚えて頂けたらと思います。

 

◎大切なポイント◎

  • 声帯は筋肉ではない
  • 閉鎖筋と輪状甲状筋を鍛える
  • 呼吸法は腹式呼吸が一番
  • 鼻腔に響かせると良い声になる

 

また、今回の記事ではふれておりませんが、発声だけでなく滑舌も話す上ではとても重要です。下記の記事も参考にしてみてください。

【滑舌練習を大公開!】苦手な発音のトレーニングをしよう!

話し方トレーニングの効果を最大限に引き出す方法【保存版】

 

 

話し方教室の詳細

Pocket

The following two tabs change content below.
オンライン話し方教室【ボイスプロデュース】代表講師。 アメリカ留学にて本格的なボイストレーニングを習得。発声・滑舌・話し方のトレーニングを個人レッスン(Skype)にて提供中。レッスン受講生は全国・海外に多数。https://www.voice-produce.com/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

Skypeで話し方トレーニング

このページの先頭へ