通る声の出し方を今すぐ身につけよう!【簡単な3つの方法】

こんにちは!

オンライン話し方教室「ボイスプロデュース」代表講師の福永智樹です。

ここ最近、通る声の出し方を知りたいというご相談が大変多いです。

もっと声が通るようになれば楽に話せますし、第一印象も良くなりますね。

 

 

話し方教室の詳細

 

通る声と通らない声の違い

そもそも通る声とはどんな声でしょうか?

あなたに当てはまるポイントはいくつありますか?

 

◎よく通る声の特徴◎

・明るい表情で話している

・はっきりと大きな声

・言葉がくっきり聞こえる

・印象が良い(若々しいイメージも)

 

これらの逆が「通らない声」ということです。

いかがでしょうか?通る声が出せた方が絶対に良いことばかりですよね。

 

 

声が通らない理由

それではなぜ声が通らないのか。。。原因を確認していきましょう。

 

①表情が暗い

表情が暗いと口角が下がったまま話すことになります。

口角が下がると声の出て行く方向が下向きになり、こもった声になってしまいます。

 

②声が小さい

声が通る人の声には十分な大きさがあります。

それは口角が上がることで、鼻腔に音が響きやすくなるためです。

鼻腔に声が響くと、音が増強されます。同じ大きさで話していてるつもりでも、鼻腔が響いているかどうかで、音量に差が出てきます。

【必見!】知らないと損する、大きな声の出し方

 

③滑舌が悪い

滑舌が悪いと声そのものに明瞭感がなくなってしまいます。

特に口の動きが少ないと、モゴモゴした話し方になり、声が余計通らなくなります。

 

 

通る声の出し方【簡単な3つの方法】

ポイントをしっかり絞れば、簡単に通る声を手に入れることができます。

どれも大切な要素になりますので、自分に足りないと感じるものから取り組んでみましょう。

 

①笑顔で話す

とても単純ですが、笑顔で話せていない人が多いのが現状です。

口角を上げ、上の歯を見せながら話すイメージを持ちましょう。

※笑顔トレーニングについてはこちらをご覧ください

【素敵な笑顔の作り方】1日1分であなたの第一印象がアップ!

 

②腹式呼吸で声を出す

声は「息のコントロール」で全てが決まると言っても過言ではありません。

腹式呼吸をマスターすれば、自分の声を自在に操ることができます。

 

※腹式呼吸のやり方・トレーニング方法はこちらをご覧ください。

腹式呼吸のやり方と効果的なトレーニング

 

③はっきりと滑舌良く話す

滑舌を良くするだけでも、声の通りも良くなります。滑舌に自信がない方、まずは一言一言をはっきり話す癖をつけましょう。

※滑舌をよくする方法はこちらをご覧ください。

 

【滑舌練習を大公開!】苦手な発音のトレーニングをしよう!

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

声が通らない人は、共通する点が多かったと思います。

この記事を読んでノウハウを知っただけでは、通る声を出せるようにはなりません。

トレーニングをしっかり行い、それを日常で実践していくことが何よりも大切です。

焦らず一つ一つを改善して、必ず通る声を出せるようになりましょう!

 

話し方教室の詳細

Pocket

The following two tabs change content below.
オンライン話し方教室【ボイスプロデュース】代表講師。 アメリカ留学にて本格的なボイストレーニングを習得。発声・滑舌・話し方のトレーニングを個人レッスン(Skype)にて提供中。レッスン受講生は全国・海外に多数。https://www.voice-produce.com/