録音した自分の声が気持ち悪い【本当の声を好きになる方法】

こんにちは!

オンライン話し方教室【ボイスプロデュース】代表講師の福永智樹です!

あなたは本当の自分の声を聞いたことはありますか?

録音を聞いたときに9割以上の人が「自分の声じゃない、気持ち悪い」と感じてしまいます。

しかし残念なことに、録音から聞こえてくる声があなた以外の周りの人たちが聞いている声なんです。

「いや、信じられない!このスマホのマイクがおかしい!」と思う人は、試しに同じ録音を周りの人に聞かせてみて下さい。

「何をそんなに嫌がっているの?いつものあなたの声ですよ」と言われるはずです。

自分の声にショックを受けた人のために、今回は本当の自分の声を好きになる方法についてお話ししていきますね。

 

 

話し方教室の詳細

 

なぜ自分の声と違って聞こえる?

耳をふさぐ

そもそもなぜ自分の声ではないと感じてしまうのでしょうか?

スマホのマイクが悪いわけではありません。もちろん自分の耳がおかしいわけでもありません。

人間は自分の声を周りの人とは違う方法で聞いているんです。

 

頭蓋骨に声が響いている

自分の声は2つの違う種類の音が合わさって聞こえています。

1つは、空気の振動が鼓膜に伝わる気導音。そしてもう1つは声帯の振動が頭蓋骨に響いて聴覚神経に直接伝わる骨導音です。

周りの人はあなたの声を気導音のみで聞いていますが、あななた骨導音も合わせて聞いているので、違いが出てくるんですね。

録音した自分の声は気導音のみなので、骨導音がない分、細く弱く感じるはずです。

 

<シンプルな考え方はこちら>

〇周りの人→気導音(空気の振動)のみで聞いている

〇自分自身→気導音と骨導音が混ざったものを聞いている

 

ベートーヴェンは骨導音のみ作曲していた

ベートーヴェン

ベートーヴェンが難聴でも作曲を続けたのは有名な話ですね。

ほとんど何も聞こえていない中、どうやって作曲していたのか不思議ではないですか?

音を聞かずに頭の中だけで作っていたと思うかもしれませんが、実は違います。

ベートーヴェンは指揮棒を歯で噛み、ピアノに押し付けて骨導音を聞いていたんです。

物凄い執念によって、名曲が作られていたということになります。

※このような方法を骨伝導といい、骨伝導ヘッドホンなども発売されています。

 

 

本当の声を好きになる方法

私は初めて自分の声を録音して聞くまでは「結構良い声してるな」と思ってましたし、自分の声が好きでした。

しかし、初めて聞いたときにショックを受け、一気に嫌いになってしまいました。同じような経験をした人もいると思います。

しかし、自分の声が嫌いなままでは人と話すことも、人前で話すことも好きにはなれないはずです。

少しでも自分の声を好きになるためには、ボイストレーニングで理想の声に近づけるしかありません。少しずつ練習してみましょう。

 

どんな声で話したいか明確にする

ビファーアフター

どんな声でどんな話し方になりたいか目標を設定することで、練習の効率が大きく上がります。 まずは録音を聞いて自分の話し方を分析してみましょう。

チェックリストを作成しましたので、自分に質問しながら何度も聞いてみましょう。

 

◎声について◎

  • 声の大きさは充分ありますか?小さくて弱々しいイメージになってないですか?
  • 声の高さはどうですか?低すぎてボソボソとした話し方になってないですか?
  • 声の明るさはどうですか?明るく感じのいい話し方になってますか?

◎滑舌について◎

  • 1つ1つの言葉は聞き取りやすいですか?
  • 言い間違えたり、かんだりしてませんか?
  • 早口になって聞き取りづらくなっていませんか?

 

◎話し方について◎

  • 一本調子で棒読みになってませんか?
  • 抑揚をつけてますか?
  • 話している時の表情が話し方から伝わりますか?

 

課題や目標が明確になったら、さっそくトレーニングしてみましょう。

下記のページにオススメのトレーニング方法を記載してます。

【保存版】話し方トレーニングの効果を最大限に引き出す方法

 

練習には録音を取り入れる

話し方の練習をするときは、必ず録音をして自分の声を確認するようにしましょう。

いくら練習をしても本当の自分の声がどうなっているか確認しなければ、良くなっているか判断できません。

録音で自分の声を確認せずに練習するのは、鏡を見ずにお化粧をするようなものです。

 

録音を聞きたくない人

録音を聞くのが嫌だとか、恥ずかしいという方もいるかもしれません。

しかし、その録音を聞いてそう感じるのはあなただけです。あなた以外の周りの人は、録音の声がいつものあなたの声だからです。

自分で恥ずかしいと感じているその声を、これからも周りに聞かせていきますか?

せめて、「これなら大丈夫かな」と思える声にスキルアップさせた方がいいと私は思います。

 

自分の声に慣れる

録音を用いた練習を続けていくと、聞こえてくる声がだんだん当たり前のものに感じるようになります。

録音を初めて聞いたときにあった違和感がなくなり、普段話している時に聞こえてくる声と自本当の声の差がなくなってくるんですね。

そこまでくれば、どんなことを意識していけば、自分の理想に近い声になるのか、少しずつ分かるようにもなるので、周りを気にせずに話せるようになります。

 

 

録音にオススメの題材

録音して練習するにしても、何を話せばいいかわからない人が多いのではないでしょうか。

タイプ別にオススメをご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

初めての録音

初めての録音の時には、普段のあいさつ用語を使いましょう。

あまり難しいものから手をつけてしまうと、本当の課題を見つけれなくなってしまいます。

 

<例>

おはようございます

こんにちは

ありがとうございます

よろしくお願いします

お疲れ様でした

 

抑揚がある話し方

あいさつ用語の次は短めの文章を用いて、抑揚がついているかどうか確認しましょう。

 

<例>

・ありがとうと嬉しそうに笑顔でお礼を言う

・怠け者の忍者が抜け道にいた猫とのんびり寝ている

・来客が利用したレモン色のロングコート

 

あめんぼのうた

アナウンサーや演劇などの練習でよく用いられる題材です。あ~わ行まであるので、苦手な行が見つかるかもしれません。

 

<あめんぼのうた>

あめんぼあかいな あいうえお うきもにこえびもおよいでる (水馬赤いな あいうえお 浮藻に小蝦も泳いでる)

かきのきくりのき かきくけこ きつつきこつこつかれけやき(柿の木栗の木 かきくけこ 啄木鳥こつこつ枯れ欅)

ささげにすをかけ さしすせそ そのうおあさせでさしました(大角豆に酢をかけ さしすせそ その魚浅瀬で刺しました)

たちましょらっぱで たちつてと とてとてたったととびたった(立ちましょ喇叭で たちつてと トテトテタッタと飛び立った)

なめくじのろのろ なにぬねの なんどにぬめってなにねばる(蛞蝓のろのろ なにぬねの 納戸にぬめってなにねばる)

はとぽっぽほろほろ はひふへほ ひなたのおへやにゃふえをふく(鳩ポッポほろほろ はひふへほ  日向のお部屋にゃ笛を吹く)

まいまいねじまき まみむめも うめのみおちてもみもしまい(蝸牛ネジ巻 まみむめも 梅の実落ちても見もしまい)

やきぐりゆでぐり やいゆえよ やまだにひのつくよいのいえ(焼栗ゆで栗 やいゆえよ 山田に灯のつくよいの家)

らいちょうさむかろ らりるれろ れんげがさいたらるりのとり(雷鳥寒かろ らりるれろ 蓮花が咲いたら瑠璃の鳥)

わいわいわっしょい わゐうゑを うえきやいどがえおまつりだ(わいわいわっしょい わゐうゑを 植木屋井戸換へお祭りだ)

 

ボイスメモの添削サービス

 

 

まとめ

このページをご覧になってから初めて自分の声を聞き、ショックを受ける人もいるかもしれません。

しかし、自分の声や話し方が周りからどう思われているのか、客観的に確認することで、必ずスキルアップすることができます。

声や話し方はあなたの印象を大きく左右するものです。 是非一度真剣に向き合ってみましょう。

 

話し方教室の詳細

Pocket

The following two tabs change content below.
オンライン話し方教室【ボイスプロデュース】代表講師。 アメリカ留学にて本格的なボイストレーニングを習得。発声・滑舌・話し方のトレーニングを個人レッスン(Skype)にて提供中。レッスン受講生は全国・海外に多数。https://www.voice-produce.com/