【電話の声・話し方】通話中の声が聞き取りにくい3つの原因

こんにちは!

オンライン話し方教室【ボイスプロデュース】代表講師の福永智樹です!

 

電話で話していて、相手の声が聞こえにくい事、ありませんか?

通話中に周りがうるさくて聞き取りづらいなど、聞いている側にもいろいろな原因があるかもしれません。

しかし周りがうるさくても、電話の話し方が上手であれば、問題はありません。

そもそも対面で話している時と電話では、情報取り入れる能力に次のような差があります。

①対面で話している時 相手の表情や口の動きを見ながら話を聞く事ができる。→目と耳を使っている状態

②電話で話している時 相手の顔は見えないので、声のみで内容を把握。→耳しか使えない状態

 

このように、電話では対面で話す時よりも、もっと声と話し方に気をつけなければならないという事です。 「そんな事言われなくても分かってるよ」と思う方が多いと思います。

しかし、それでも「聞き取りにくい」と思われている人はかなり多いんです。

あなたの電話の話し声は本当に大丈夫でしょうか?

 

 

話し方教室の詳細

 

声そのものは相手に届いてますか?

1e56bf73

まず改善すべきなのは、「声」の問題です。

聞き取りづらい声として、「小さい」「こもってる」などありますね。

そんな時は声の大きさをあげるだけではなく、「高さ」を変えましょう。

人は低い声を出すと声が小さく暗くなり、高い声を出すと大きく明るくなる傾向があります。 対面で話している時よりもよりも、1トーン上げて話すことを意識しましょう。

また、小さく暗い声で話してしまうと、「元気がない」「機嫌が悪いのかな?」など、相手に誤解を与えてしまうことがあります。

一度誤解を与えてしまうと、その後の人間関係にも影響が出てきますので気をつけましょう。

 

顔の中心に声を響かせる

なかなかコツがつかめない人は、1つトレーニングをしてみましょう。

「ハミング」というものを聞いたことがありますか?試しに鼻から息を出しながら、「ん~」と言ってみてください。

すると顔の中心に響きを感じるはずです。 このハミングを練習することで明るく大きな声が楽に出せるようになります。

響きを感じることができたら、次は「んー、なー、んー、なー」と繰り返していきましょう。 コツは「なー」の時に大きく口を開けることです。

そうすることで喉の奥が広がり、声量が上がってきます。

 

 

滑舌よく話す

次に滑舌についてです。あなたは滑舌に自信がありますか?

対面で話す場合は相手の口の動きを見ることで、言葉をより正確にとらえることができます。 しかし電話では相手の口の動きを見ることができませんので、中には言葉をしっかりとらえることができない人もいます。

いかに1つ1つの言葉をはっきりと伝えられるかが、より大切になります。

 

口を大きく動かして話そう

口の動きを大きくすることで、母音(あいうえお)がきれいに聞こえるようになります。

いろいろな組み合わせがありますが、まずは「イ」と「ウ」の組み合わせで練習しましょう。 「イ」の時は口を横に広げ、上下の歯が10本ずつ見えるようにします。

そして「ウ」の時は口を前に突き出して小さくします。 これを「イウイウイウイウ」と連続でやってみましょう。

このトレーニングをする時は必ず鏡で確認して、何回やっても毎回同じ動きになるようにしましょう。

 

舌を滑らかに動かす

「滑舌」という漢字は「舌を滑らかに」と書きます。

舌がどれくらい滑らかに動くかによって、質が全く変わってくるんですね。

これもいろいろな組み合わせがありますが、まずは奈良県の「ナラ」で練習しましょう。

「ナラナラナラナラ」と速く言ってみてください。

「ナ」も「ラ」も舌を使う音になりますので、連続で言ってみるとなかなか難しく感じるかもしれません。

滑らかに言えない時はスピードを下げて、楽に言えるペースを探してみましょう。できるようになってきたら、どんどんスピードを上げて負荷をかけてみてください。

 

 

できるだけ前をまっすぐ向いて話す

電話をする女性

最後に、「顔の向き」です。 電話の時はついつい下を向いてしまいませんか?

何か書類を見たり、メモをとりながらなどありますから仕方ない面もありますが、電話を耳に当てるポーズをとるだけで、ほとんどの方が姿勢が前かがみになってしまいます。

しかし、何も見ずに電話している時にも斜めを向いてしまうと、声が暗くこもりやすくなってしまいます。

顔の向きをしっかり前に向けて、相手が本当に目の前にいるようなイメージで話しましょう。

 

イヤホンやヘッドセットを使う

電話を受ける女性

電話をする機会が多い人はイヤホンやヘッドセットの導入もお勧めします。

そうすることで対面で話している時と同じ条件になり、姿勢を保って話しやすくなるはずです。

また、相手の声も聞き取りやすくなるため、会話がより円滑に進みます。